貸金業法とは

貸金業法とは

即日融資

私は以前、消費者金融業に勤務していたことがありました。消費者金融業は、貸金業法の改正前で、会社は税金対策に、保養所や福利厚生にお金を使ったりしていました。その時は、貸金業法の改正前だったので、金利は今よりもっと高くて、返済はとても大変だったと思います。古くからいる社員の方は、金利が1%でも下がったら、会社は大変な損失になるんだよと言っていました。しかし、2010年に貸金業法が改正になり、金利は下がらざるを得なくなりました。私はその時は、すでに退職をしていましたが、私が退職をした後に会社な何度かリストラを繰り返しました。貸金業法の改正により、以前はともかく借りてもらわないとという風潮が変わらざるを得なくなったのではないでしょうか。

 

貸金業法の改正により、消費者金融業では、総量規制という法律が課せられ、年収の3分の1を超える貸し出しはできないことになりました。利息も最高利率が29.2%でしたが、20%となりました。利息がかなり安くなったことが、一番のメリットではないでしょうか。また、消費者金融業では、主婦の方への貸し出しができなくなりました。また、執拗な取り立ても禁止されました。

 

強引な取り立てへの苦情は、武富士でも問題になりましたし、アイフルでも問題になりました。(業界内でも、強引な取り立ては有名でしたけれど)よく取り立ての時に、ご両親などに借入れがわかってしまって、ご両親が代わりに弁済してくださることがあったようですが、キャッシングの借り入れは無担保・無保証であり、ご本人のみとの契約ですので、ご両親は支払う義務はありません。